スポンサードリンク

太陽光発電 - 太陽光発電でエコ生活を始めよう > 太陽光発電 > 太陽光発電の長所と短所

太陽光発電

太陽光発電の長所と短所

太陽光発電は従来の集中型電源とは色々な面で異なる特徴を持っており、昼間のみ発電するシステムです。

また太陽光発電という名の通り再生可能エネルギーです。
エネルギー、環境面でのメリットや、経済的なメリットがあります。
現在は太陽光発電システムはまだまだ導入コストが高いこともありますが日本では前向きに価格低減や普及促進の政策を採っております。

■太陽光発電の長所(メリット)

・機械的に基本、メンテナンスフリーとなる。ほぼ装置に可動部分が無い。
・原子力発電のように放射性廃棄物になることもなく、構成材料の大部分がリサイクル可能。
・輸出産業として経済・産業面での利益が見込める。
・原子力発電や火力発電と比較して、冷却水や廃棄物、排気などの発生が見られない。
・災害などにおける影響範囲を分散型電源のため小さく抑えらる。また非常用の電源として有効。
・小規模でも効率が低下しないので他の電力設備と比べても任意の規模で利用が可能。
・原子力発電のように放射性廃棄物になることもない。
・太陽光発電システムを近接して設置が可能なため、送電コスト損失を控えられる。
・土地を占有せずに設置することも可能。(建築物の屋根・壁面にも設置できる。)
・火力、水力、原子力などの発電方式と比較して設置が楽である。
・化石燃料に依存せずとも太陽光を利用する再生可能エネルギーである。
・エネルギー自給率を向上することができる。
・温室効果ガスの排出量が控えられる。
・需要ピーク電力の削減に効果がある。(太陽光発電は出力ピークが昼間電力需要ピークと重なるため)


■太陽光発電の短所(デメリット)
・電気的、機械的部品の寿命と総発電量値を用いた場合、発電電力量当たりのコストが2倍程度と割高となる。
・曇天・雨天時、パネルに積雪した場合など発電電力が天候に左右されてしまう。
・夜間は発電で着ないため、蓄電性もなくなる。
・太陽光を利用するため、設置面積当たりの発電電力量が今までの発電方法に比べると少ない。
・屋根の美観を損なわせることがある。
・初期導入コストが大きい。(最近では新補助金制度が出来たためその限りではない。)


上記が上げられます。

太陽光発電の長所(メリット)、短所(デメリット)をよく把握し
導入検討から設置までを考えて進めていきましょう。

<<太陽光発電システムを導入するにあたり | 太陽光発電 - 太陽光発電でエコ生活を始めようトップへ | 太陽光発電の助成金(補助金)>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。