スポンサードリンク

太陽光発電

太陽光発電の仕組み(しくみ)

ここでは太陽光を利用した発電方法のしくみをご紹介します。
まず太陽光発電と呼ばれる訳ですから太陽電池が必要となります。

■ 太陽電池
太陽光のエネルギーを半導体が受けることにより電気が発生し、それを蓄える電池。

■ 太陽電池ができるまで
シリコンから太陽電池セルが作られる過程やモジュールのつくり方。

太陽電池(セル)は「単結晶シリコンセル」と「多結晶シリコンセル」があります。
それらを加工し電極から電気を取り出せるモジュール化します。

■ 太陽電池の種類・特長
「多結晶シリコン」または「単結晶シリコン」が住宅用、産業用に使用されている太陽電池として一般的には多く使用されております。

・ 多決勝シリコン:変換効率は単結晶シリコンより劣るが、大量生産に適し信頼性が高い。(地上向け)

・ 単結晶シリコン:変換効率が優れ信頼性も高く、豊富な使用実績がある。(宇宙・地上向け)

資源あるエネルギーを大切に使うために、今 太陽光発電は角界から非常に注目されているのです。

太陽光発電

店舗や事務所用の太陽光発電

一般家庭以外の店舗や事務所用でも太陽光発電は大きなメリットがあります。
公共・産業用 太陽光発電システムの導入をおすすめいたします。
CO2の排出を抑えた太陽光発電は地球環境にやさしく、地球温暖化やエネルギー枯渇問題等を解決できる現在のところの理想的なシステムといえるでしょう。
この時代、特に社外からの評価、社内の意識を高め、経済活動と環境貢献活動を両立させようと意識している企業は少なくありません。
したがって、既にこの太陽光発電システムを導入している例も非常に増えてきております。
また、国の推進政策にもうたわれている太陽光発電は税制優遇が受けられる事もその要因になっております。
その上、太陽光発電装置設置費用の約1/2〜1/3の補助金もあります。
平成19年度、NEDOの補助金制度が平成22年度まで継続される事になったことで、現在、または将来、太陽光発電システムを検討している企とって、来年度は大きなメリットがあると考えられます。
店舗や事務所用、企業向けの太陽光発電システム導入に関わる税制優遇や補助金について
詳しくはこちらの「ECCJ」のサイトで確認できます。
http://www.eccj.or.jp/enekaku/index.html

太陽光発電

NEDOと太陽光発電について

■NEDOの役割

NEDOは、地球環境問題の解決するため我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関であり、非常に重要な役割を担っております。

日本の産業技術とエネルギーや環境技術の研究開発及びその普及を推進するため設立されました。

□ エネルギー及び地球環境問題の解決するには・・・
NEDOでは、国内事業で得られたデータを利用し、海外における技術の実証等を推進します。
更にエネルギーの安定供給と地球環境問題の解決に貢献し、新しいエネルギーや省エネルギー技術の開発、実証試験、導入助成等の導入普及業務を積極的に展開します。
新エネルギー(太陽光発電以外も含む)の利用拡大と更なる省エネルギーを推進します。

□ 産業競争力の強化するためには・・・
NEDOでは日本の国産業競争力の源泉となる産業技術について、将来の産業において中心となる技術の発掘をし、産業競争力の基礎となるような中長期的プロジェクト及び実用化開発までの各段階の研究開発をします。
また、産学官の総力を結集して高度なマネジメント能力を発揮し、それを実施することでより良い新技術の市場化を図ります。

■NEDOの目的
NEDOでは、成果を挙げるNEDO・利用しやすいNEDO・分かりやすく情報発信するNEDO・の目標を掲げその目的のもと、研究開発マネジメントのプロフェッショナルな組織集団として、本格的なPDS(Plan-Do-See)サイクルを意識し、新しい事業に取り組んでいるのです。

□ 客観的な評価による迅速な事業の見直し
NEDOでは最新の動向を踏まえた客観的な評価を行います。
そして、それらの評価結果(データ)をもとに、加速、拡充、縮減、中止などの迅速な事業の見直しを行い研究します。

□ 選択と集中による研究開発の推進とは・・・
NEDOでは国際的視野を含め常に最新の技術や市場動向を把握し、真に必要な事業について、選択と集中という考え方のもと、確かな研究目的や出口を見据えつつ、その実現に向けて産学官の総力を結集します。
そして戦略的かつ重点的に研究開発を推進いたします。

太陽光発電はそれらを踏まえた新しい技術とNEDOでは考え、その発展に力を入れているのです。

太陽光発電

太陽光発電の現状

地球温暖化対策や環境保護対策として、太陽光発電は非常に有効です。
しかし近年では、諸外国と比較すると遅れをとっているのが現状です。
以前、日本は、太陽光発電の導入量で世界一の実績を誇っていたのですが何故、最近では普及に歯止めがかかっているのでしょう?
日本は98年から2005年まで順調に太陽光発電システム導入量は増加していました。
しかし2005年度からかなり下降気味となっているのです。
当然、太陽光発電容量も2005年をピークに下降しております。
これは補助金制度が2005年度で受付が終了した影響も大きいのでしょう。
多少、上向きとなった2008年度でさえ、年間200kWに届かない現状となっているのです。
ただ幸いにも2009年現在、太陽光発電の技術革新が進み、普及も進んだことにより、最近では太陽光発電システム自体の単価はかなり下がっており供給価格も安定してきております。
これは一例ですが、新築の場合10年前の約半額で導入でき、太陽光発電システムの初期投資費用は随分安くなったのです。
最近では新たな太陽光発電システム導入費用の補助金制度も利用できるようになったので今後、大きく普及していくことが期待されております。

太陽光発電

太陽光発電と電気事業法

太陽光発電導入前に簡単に電気事業法について知っておきましょう。
太陽光発電システム導入に関連する電気事業法としては建築基準法と電気事業法が適用されます。
太陽電池モジュールの設置形態、設置方式、システム規模などにより内容が異なります。

■太陽光発電に関わる電気事業法関連について・・・
太陽光発電は発電システムなので、電気事業法による規制があります。
システムの出力規模や電圧の種別によって、手続きが異なります。

例)
・出力規模 20kW未満 届出不要
・出力規模 500kw以上 要届出
※上記の中でも細かく規制がある。
※一般的には住宅用システムは100V、公共産業システムの場合は3相3線200V出力となります。

■太陽光発電に関わる建築基準法関連について・・・
太陽光発電にはソーラーパネル等を利用する場合が多く、建築物の屋根材や外壁材として太陽電池モジュールを設置します。
その場合、建築基準法が定める・構造耐力・防火性・耐久性・安全性に関する要求基準を十分に検討して太陽光発電モジュールの選定を行うことが大変重要となります。

太陽光発電システム導入についての詳細は所轄官庁または設置業者にお問い合わせ下さい。

太陽光発電

太陽光発電の工事費

2009年現在、新たに最近では太陽光発電システム導入に補助金制度が追加されました。

それによりメーカーも低価格化し普及を狙い始めております。

太陽光発電システム導入費用は一般家庭(家族4人程度)で150万〜250万位といわれております。

勿論、システムの内容により増減はいたします。(IHクッキングヒーター化等)

では、太陽光発電の導入にはいくらぐらいかかるのか見ていきましょう。

【太陽光発電システム導入で費用が発生する項目】
・太陽電池モジュール(屋根に設置)
 枚数や性能によって、総発電量が変わります。

・パワーコンディショナ(リモコン付属)
 太陽電池モジュールで発電された直流の電気を、家庭で使用できる交流に変えます。 モジュールに対応した1台が必要です。

・屋根用架台
 モジュールを屋根に設置するための架台です。下記の2つの例では、ストレート屋根用を想定します。

・専用ケーブル
 回路の数によって必要な本数が変わってきます。

・売電メーター
 売電用のメーターです。

・工事費、その他各種手続き費用
 太陽光発電設置のための電気工事と設置工事です。

・各種書類手続費
 電気契約や補助金申請などその他諸々の書類手続き。

・メーカー10年保証
 メーカーの10年保証加入金が必要な場合があります。

一般的には、上記をまとめて頭金無し15年ローン(180回払い)あたりが、太陽光発電システムの費用対効果が出やすいと言われております。

太陽光発電

太陽光発電の助成金(補助金)

助成金という性質から不正申請となる場合もありますのでしっかり把握しておく必要があります。
まず、実績報告書提出は30日以内に窓口必着となります。
実績報告書は、当該太陽光発電システムの工事完了日(建売の場合は引き渡し日)から起算し、30日以内に申請時と同じ受付窓口に必着です。(工事完了日を1日目として計算のこと。)

期限内に受付窓口の受付印が受けられないと実績報告書は無効となり、補助金を受け取ることはできません。工事完了後の実績報告書の提出期限には、十分ご注意ください。

なお、期限内に提出が間に合わない場合は、実績報告書の期限内に計画変更承認申請(期限変更)で、期限の延長を行ってください。計画変更承認も30日の期限を超えて申請されたものは無効となりますので、早めにご提出ください。
※設置業者等代行者を通して手続きを行っている場合の提出状況は、代行者に直接ご確認ください。当センターでは原則として個別回答は行っておりません。


■補助金の手続代行業務における不正申請に対する措置について
 不正申請を行った手続き代行者に対しては、名称及び不正内容の公表並びに手続代行業務の停止措置がとられることがあります。
 以下には、どのような場合に不正申請となるのか、不正事実が発覚した場合にはどのような措置がとられるかについてお知らせいたします。
 当補助金の交付申請を予定される皆様並びに、現在手続代行業務に当たられている太陽光発電システム販売会社、工事会社並びに住宅販売会社の皆様におかれましては、絶対に不正申請に関わることのなきよう、十分にご注意いただくと同時に、国の重要な新エネルギー政策の一つである当補助金が、公平、公正に運用できますようご協力をお願い申し上げます。


1.不正申請の例示
1)交付決定年月日を待たずに、無断で設置工事を実施した(事前着工)
※理由の如何に関わらず、交付決定年月日より前の工事着工は認められません。

2)以下に挙げる書類の改ざんを行った
・補助金交付申請書に添付する工事請負契約書等の契約書類に、実際には貼付していない印紙を、貼付しているように見せかけて複写を行った。
・同じく工事請負契約書等の工事着工予定日や工事完了予定日等、補助金交付決定の要件に関わる内容を修正液で修正し、複写を行った。
※補助金交付決定の証ひょうとなる工事請負契約書等の改ざんは違法行為です。

2.不正事実が発覚した場合の措置について
不正が発覚した場合は、早急に各都道府県の受付等窓口団体またはJ−PECによる調査を行い、事実確認後、以下の通り厳正に対処して参ります。
1)不正申請された案件は全て、補助申請の取り下げを行うか、交付決定の取り消し処分を行います。どのような理由があっても、補助金は支払われません。
2)不正申請を行った手続代行者に対しては厳重注意を行うと同時に、補助金交付規程第19条に基づき、以下の処分が行われる場合があります。
・不正を行った手続代行者の名称及び不正内容の公表
・当分の間の手続代行業務の停止

3.補助金支払い後に不正が発覚した場合
補助金が支払われた後も、必要に応じて行う現地調査等で不正が発覚した場合は、交付規程第23条に基づき、補助事業者(申請者)に対して支払われた補助金の返還を求めると同時に、当該手続代行者に対しては前項と同様の措置を行うものとします。

「太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のページより引用」

上記の通り、この太陽光発電導入に関する助成金(補助金)制度を悪用したりする業社もありますので自分で信頼おける幾つかの業者に相見積もりを取ることをお奨めいたします。

太陽光発電

太陽光発電の長所と短所

太陽光発電は従来の集中型電源とは色々な面で異なる特徴を持っており、昼間のみ発電するシステムです。

また太陽光発電という名の通り再生可能エネルギーです。
エネルギー、環境面でのメリットや、経済的なメリットがあります。
現在は太陽光発電システムはまだまだ導入コストが高いこともありますが日本では前向きに価格低減や普及促進の政策を採っております。

■太陽光発電の長所(メリット)

・機械的に基本、メンテナンスフリーとなる。ほぼ装置に可動部分が無い。
・原子力発電のように放射性廃棄物になることもなく、構成材料の大部分がリサイクル可能。
・輸出産業として経済・産業面での利益が見込める。
・原子力発電や火力発電と比較して、冷却水や廃棄物、排気などの発生が見られない。
・災害などにおける影響範囲を分散型電源のため小さく抑えらる。また非常用の電源として有効。
・小規模でも効率が低下しないので他の電力設備と比べても任意の規模で利用が可能。
・原子力発電のように放射性廃棄物になることもない。
・太陽光発電システムを近接して設置が可能なため、送電コスト損失を控えられる。
・土地を占有せずに設置することも可能。(建築物の屋根・壁面にも設置できる。)
・火力、水力、原子力などの発電方式と比較して設置が楽である。
・化石燃料に依存せずとも太陽光を利用する再生可能エネルギーである。
・エネルギー自給率を向上することができる。
・温室効果ガスの排出量が控えられる。
・需要ピーク電力の削減に効果がある。(太陽光発電は出力ピークが昼間電力需要ピークと重なるため)


■太陽光発電の短所(デメリット)
・電気的、機械的部品の寿命と総発電量値を用いた場合、発電電力量当たりのコストが2倍程度と割高となる。
・曇天・雨天時、パネルに積雪した場合など発電電力が天候に左右されてしまう。
・夜間は発電で着ないため、蓄電性もなくなる。
・太陽光を利用するため、設置面積当たりの発電電力量が今までの発電方法に比べると少ない。
・屋根の美観を損なわせることがある。
・初期導入コストが大きい。(最近では新補助金制度が出来たためその限りではない。)


上記が上げられます。

太陽光発電の長所(メリット)、短所(デメリット)をよく把握し
導入検討から設置までを考えて進めていきましょう。

太陽光発電

太陽光発電システムを導入するにあたり

太陽光発電システムを導入するにあたり、まずは色々調べてみましょう。

設置可能な場所は?
太陽光を十分に受けることができることが条件となります。
次に屋根や壁など建造物の様々な場所に設置が可能ですがパネルの重量等に耐えられるということ。
近年ではフレキシブル(柔軟)型太陽電池も開発され、設置場所にもかなり自由度が高まっております。

導入可能な規模や導入効果は下記のようなことが期待されております。
・基本、日本においては設置面積は不足しない。
・太陽光発電は安定電力供給の電源構成上の観点から決まる。
・建造物へのソーラーパネル設置により期待される。
・日本の太陽光発電の累計導入設備量が100GWpになれば、その発電量は年間総発電量の約10%に相当する。

このようなメリットを生かし、太陽光発電システムを上手に導入してはいかがでしょう。

太陽光発電

太陽光発電のメーカー

太陽光発電のメーカーとその種類

最近では多くのメーカーが参入しております。
例として現在の【導入実績順位】を覧列します。

@シャープ株式会社
A三洋電機株式会社
B三菱重工業株式会社
C京セラ株式会社
D三菱電機株式会社
Eパナソニック電工株式会社
F富士電機システムズ株式会社
G昭和シェルソーラー株式会社
H株式会社カネカ
I元旦ビューティ工業株式会社
J三晃金属工業株式会社
Kサンテックパワージャパン株式会社
Lショット日本株式会社
M長州産業株式会社
Nフジプレアム株式会社
O株式会社ホンダソルテック
PYOCASOL株式会社



この他にもまだまだこれから太陽光発電システムメーカーは参入される予定です。

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。