スポンサードリンク

太陽光発電

太陽光発電の現状

地球温暖化対策や環境保護対策として、太陽光発電は非常に有効です。
しかし近年では、諸外国と比較すると遅れをとっているのが現状です。
以前、日本は、太陽光発電の導入量で世界一の実績を誇っていたのですが何故、最近では普及に歯止めがかかっているのでしょう?
日本は98年から2005年まで順調に太陽光発電システム導入量は増加していました。
しかし2005年度からかなり下降気味となっているのです。
当然、太陽光発電容量も2005年をピークに下降しております。
これは補助金制度が2005年度で受付が終了した影響も大きいのでしょう。
多少、上向きとなった2008年度でさえ、年間200kWに届かない現状となっているのです。
ただ幸いにも2009年現在、太陽光発電の技術革新が進み、普及も進んだことにより、最近では太陽光発電システム自体の単価はかなり下がっており供給価格も安定してきております。
これは一例ですが、新築の場合10年前の約半額で導入でき、太陽光発電システムの初期投資費用は随分安くなったのです。
最近では新たな太陽光発電システム導入費用の補助金制度も利用できるようになったので今後、大きく普及していくことが期待されております。

<<前の1件  .. 2 3 4 5 6..  次の1件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。