スポンサードリンク

太陽光発電

太陽光発電と電気事業法

太陽光発電導入前に簡単に電気事業法について知っておきましょう。
太陽光発電システム導入に関連する電気事業法としては建築基準法と電気事業法が適用されます。
太陽電池モジュールの設置形態、設置方式、システム規模などにより内容が異なります。

■太陽光発電に関わる電気事業法関連について・・・
太陽光発電は発電システムなので、電気事業法による規制があります。
システムの出力規模や電圧の種別によって、手続きが異なります。

例)
・出力規模 20kW未満 届出不要
・出力規模 500kw以上 要届出
※上記の中でも細かく規制がある。
※一般的には住宅用システムは100V、公共産業システムの場合は3相3線200V出力となります。

■太陽光発電に関わる建築基準法関連について・・・
太陽光発電にはソーラーパネル等を利用する場合が多く、建築物の屋根材や外壁材として太陽電池モジュールを設置します。
その場合、建築基準法が定める・構造耐力・防火性・耐久性・安全性に関する要求基準を十分に検討して太陽光発電モジュールの選定を行うことが大変重要となります。

太陽光発電システム導入についての詳細は所轄官庁または設置業者にお問い合わせ下さい。

<<前の1件  .. 3 4 5 6 7..  次の1件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。