スポンサードリンク

太陽光発電

太陽光発電の工事費

2009年現在、新たに最近では太陽光発電システム導入に補助金制度が追加されました。

それによりメーカーも低価格化し普及を狙い始めております。

太陽光発電システム導入費用は一般家庭(家族4人程度)で150万〜250万位といわれております。

勿論、システムの内容により増減はいたします。(IHクッキングヒーター化等)

では、太陽光発電の導入にはいくらぐらいかかるのか見ていきましょう。

【太陽光発電システム導入で費用が発生する項目】
・太陽電池モジュール(屋根に設置)
 枚数や性能によって、総発電量が変わります。

・パワーコンディショナ(リモコン付属)
 太陽電池モジュールで発電された直流の電気を、家庭で使用できる交流に変えます。 モジュールに対応した1台が必要です。

・屋根用架台
 モジュールを屋根に設置するための架台です。下記の2つの例では、ストレート屋根用を想定します。

・専用ケーブル
 回路の数によって必要な本数が変わってきます。

・売電メーター
 売電用のメーターです。

・工事費、その他各種手続き費用
 太陽光発電設置のための電気工事と設置工事です。

・各種書類手続費
 電気契約や補助金申請などその他諸々の書類手続き。

・メーカー10年保証
 メーカーの10年保証加入金が必要な場合があります。

一般的には、上記をまとめて頭金無し15年ローン(180回払い)あたりが、太陽光発電システムの費用対効果が出やすいと言われております。

<<前の1件  .. 4 5 6 7 8..  次の1件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。